コンフィデンスマンjp ランリウ 本物 誰

華麗に、大胆に、人を騙し続ける百戦錬磨の信用詐欺師“コンフィデンスマン”、ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)の3人。彼女たちの次なるターゲットは、その冷酷さから“氷姫”の異名を持つ香港マフィアの女帝ラン・リウ(竹内結子)。 映画版となってこの「コンフィデンスマン」に仲間入りした竹内さんと三浦さん。昨年公開された映画版第一弾では、竹内さんは香港の女帝ラン・リウ。世界最高のダイヤを所有し“氷姫”の異名を持つ女性だ。

映画【コンフィデンスマンJP -ロマンス編-】では、「ロマンス編」 とサブタイトルが付いているだけあって、思わずドキッとするようなシーンが盛りだくさん! ダー子(長澤まさみ)とジェシー(三浦春馬)、ジェシーとラン・リウ(竹内結子)、そしてダー子とボクちゃん(東出昌大)。 ピクシーン> 邦画一覧> 2020.8.2 更新 『コンフィデンスマンJP ロマンス編』あらすじ概要 フジテレビの月9枠TVドラマの続編を映画化。ダー子らは新たな獲物(お魚ちゃん)を香港マフィアの女帝、通称「氷姫」に決めて詐欺を仕掛けるが、過去にだまされた赤星が復讐のため邪魔に入り…。 コンフィデンスマンJPロマンス編:ランリウの本物は?小栗旬の出演はなぜ?まとめ 映画「コンフィデンスマンJP」ロマンス編 絶対に騙されます! 予告ムービーから騙しが入っていますから(笑) でも、最後はスカッとする映画で面白いですよ。 コンフィデンスマンJP ロマンス編 田中亮 (監督) 、 長澤まさみ (主演) 、 東出昌大 (主演) 、 小日向文世 (主演) ★★★★★ 華麗に、大胆に、人を騙し続ける百戦錬磨の信用詐欺師“コンフィデンスマン”、ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)の3人。彼女たちの次なるターゲットは、その冷酷さから“氷姫”の異名を持つ香港マフィアの女帝ラン・リウ(竹内結子)。彼女が持つと言われる伝説のパープルダイヤを狙って、3人は香港へ。ランに取り入ろうと様々な策を講じるが、なかなかエサに食いつかず、苦戦する。そんな中、天才詐欺師ジェシー(三浦春馬)が現れ、同じくランを狙っていることが判明。そして以前、自分を騙したダー子たちに恨みを抱く日本のヤクザ、赤星(江口洋介)の影もちらつき始め、事態は予測不可能な展開に。騙し騙され、三つ巴の戦いを制するのは誰なのか!?ついに、史上最大のコンゲームが幕を開ける……, 氷姫ラン・リウが持つパープルダイヤを狙う詐欺師集団の映画です。 まず三浦春馬さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。 ちなみにドラマは未見です。 前半の長澤まさみの吹っ切れたおバカ演技が最高!!!でした〜(o^^o) これだけ幅の広い演技のできる女優さんに成長したんですね〜☆ ボクちゃんを演じた東出昌大のコメディ部分も良かったです♪ (途中の「芸能界きってのおしどり夫婦は本当にビジネスではないのか!」って大丈夫?…σ(^_^;)) 個人的には序盤と終盤のコメディ部分が素晴らしく、逆に中盤のシリアス場面は意外と平凡に感じました。 誰もが騙されると聞いてましたが…私はまさかの予想通りの展開でしたね…(^_^;) それにしてもこの映画は長澤まさみが演じるダー子が素晴らしすぎです〜(>_<) 最後のどんでん返しも爽やかな感じで◯ 三浦春馬も二枚目と三枚目を上手く使い分けて良い演技だったと思います。 まだまだ観ていたい素晴らしい俳優さんでした。 もう見ることは出来ませんが私達の心にはしっかりと残っています。, 2020.9.27.166.S.Tkok 三浦春馬さん、竹内結子さんのご冥福を心よりお祈りします。 香港の資産家のダイヤを狙う詐欺師一味の話。過去に騙した金持ちや一流結婚詐欺師も入り乱れて、壮大に騙しあう騙しあう。どんでん返しに次ぐどんでん返しで、なんとも爽快に騙され続けた!長澤まさみのキャラいいし、三浦春馬がスマートでとにかくイケメンだし、竹内結子さん綺麗すぎる。2020.7.18に三浦春馬さん、次いで2020.9.27に竹内結子さんが亡くなり、追悼の意味での観賞したわけですが、おふたりともほんとにいい役者さんだな。映画に引き込まれながらも、お二人が亡くなったことを思い出しては心が沈み、楽しい映画なのに複雑な思いで観た 竹内結子さん、好きだった…泣, 【予告から騙される映画】 シリーズファンの予想をも超えてくる伏線の回収っぷり。それが予告から敷かれていた事に気づくラスト30分がもうマックスのアハ体験。サービスたっぷりなエンドロールも秀逸。 ◆概要 フジテレビ開局60周年記念作品。出演は長澤まさみ、東出昌大、小日向文世らドラマ版おなじみのキャストほか、竹内結子、三浦春馬など。監督は本作で映画デビューの田中亮。脚本は「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの古沢良太。ドラマ版は古沢の脚本を元に韓国版『コンフィデンスマンKR』、中国版『コンフィデンスマンCN』の同時制作が決定している。 ◆ストーリー ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人の信用詐欺師(=コンフィデンスマン)は、香港マフィアの女帝ラン・リウが持つと言われる伝説のパープルダイヤを狙い、香港へ飛ぶ。天才詐欺師ジェシーと日本のヤクザ・赤星の影もちらつきはじめ、事態は予測不可能な方向へ展開していく。 ◆感想 予想を超えてきた大どんでん返し。シリーズファンには、そろそろ来る来る、来たー!な展開に、まだ来た!と言わしめる圧倒的な原作力。さらに、エンドロールで見たもの全員ニッコリさせてくれる工夫も光る。サービス満点の映画。 ◆以下ネタバレ◆ なんといってもこの原作力、脚本力がピカイチなので、早々にネタバレするしかない笑。エサをなんぼ仕掛けても釣られないオサカナに、チームの手の内をどこまで知られているのか分からないジェシーの暗躍。ダー子がジェシーと組むのか組まないのか、ボクちゃんの想いにダー子がどう応えるのか、そんなロマンス編らしいロマンスの行方も気になる。ラスト30分、赤星の登場とともに一斉に始まる伏線回収にもう着いていくのがやっと。“鈴木さん”や金髪の女性など、ちょい出のシーンが全て意味のあるものだった事に、流し見していた自分が恥ずかしくなる(逆にジャッキーちゃんのちょい出は特に意味がなかったことは、注目していた自分が恥ずかしい笑)。予告の段階から、竹内結子が中国人を演じる事への違和感も感じていただけに、それすらフェイクだった事でスカッと解消させてくれる伏線回収が素晴らしい。“目に見えるものが真実とは限らない”その言葉の通り、マスクをごっそり剥がしたリチャードのように、全てが綺麗にひっぺがされる展開。巻き戻しでの演出もテレビシリーズらしさがあるし、もう古沢良太が天才。 「祈りの幕が下りる時」同様、ドラマシリーズの映画化で、シリーズの登場人物が総登場なのはもはや必須なのか笑、は置いといて、小池徹平に吉田羊、石黒賢らが「from〇〇編」とクレジットされていくエンドロールはアツい。シリーズファンへのサービスたっぷりで、映画のスケールも増すと思う。 オーラスの長澤まさみのアイドル化は、もはや製作陣の長澤まさみイジメとしか思えないけど笑、個人的には悪くなかった笑。「キングダム」に続いての長澤まさみの美の視覚暴力と言わせてもらうが、本作は少し歪んだ暴力だろうか笑 あとエンドロールで出た生瀬勝久の名前に、本編の記憶をフル回転で辿った労力を返して欲しい笑。 個人的には韓国と中国でドラマ版が同時に展開しているのが、このシリーズの発展を期待するポイント。映画でも各国バージョンが作られるとか、ならではで比類のない展開を期待したい!.

氷室京介 歌詞 意味, ドローン配達 デメリット, 新島 民宿, 109シネマズ ポップコーン コロナ, 映画館 キャリーバッグ 預かり, マリオン 意味, トーマス ジェームス 事故, 交通事故 刑事罰 判例, Dji ドローン ファントム4, 結婚 割合, 海街ダイアリー ロケ地 駅, インドの大運動会 炎上 まとめ, アピタ 北海道, 可愛いママ インスタ, イオン おもちゃ 安い, 略式起訴 罰金 いつ, 三浦春馬 竹内結子 キスシーン, 航空局 ドローン 講習団体, 江戸前 留奈, 無人航空機 資格, ケンタッキー クーポン, インドの大運動会 顔, Mavic Mini ビギナーモード 解除, 老後 生活費 一人暮らし, 小野薬品 売られ過ぎ, 東池袋 天ぷら, 世界人口 推移, 名 阪 近鉄バス 羽島線, くま クマ 熊ベアー アニメ 感想, ミスターブレイン 視聴率, なばため 代々木, 深田恭子インスタ サーフィン,

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする